MENU
おくすり情報

高濃度アルコール【お酒】から消毒液の作り方・作成方法!計算式も大公開!

こんにちは!現役薬剤師ケイです!

連日、新型コロナで世界中が荒れていますね。

一刻も早く、新型コロナから人々が解放されるのを願うばかりです。

今回は国から
アルコール消毒液が手に入らない人は
高濃度アルコール【お酒】からアルコール消毒液を作って、使用してください!
とお達しが出ましたので、アルコール消毒液を作る方法をお伝えします!

高濃度アルコール【お酒】から作った消毒液で効果ある?

消毒液の代わりにアルコール高濃度の酒使用認める 厚労省

新型コロナウイルスの感染拡大で、アルコール消毒液が不足していることを受けて、厚生労働省は、アルコール濃度が高い酒消毒液の代わりとして使用することを特例として認めることを決めました。

具体的には、アルコール濃度が70%から83%の酒を対象とし、これより濃度が高い酒は、殺菌効果が落ちるため薄めて使うよう求めています。

この濃度に該当する酒はウォッカなどで、酒造メーカーでは、消毒液の代わりとして使用することを想定した製品の製造も始まっているということです。

厚生労働省は「主に医療機関での消毒液の不足を解消するための特例措置であり、一般の家庭では、引き続き、手洗いの励行を続けてもらいたい」と話しています。

引用:NHKニュース

本来は飲料用のお酒アルコール消毒液として認められませんが、
生産が間に合わないので
特別に消毒液の代わりにアルコール高濃度の酒を認めた形になります。

そのため、使用する人は自己責任で使うよう書かれています。

正式な厚生労働省の文章は↓

新型コロナウイルス感染症の発生に伴う高濃度エタノール製品の使用について

スポンサードリンク

アルコール消毒液の適切な濃度は?

具体的には、アルコール濃度が70%から83%の酒を対象とし、これより濃度が高い酒は、殺菌効果が落ちるため薄めて使うよう求めています。

この厚生労働省の発表を見ると、
70%~83%の濃度であれば、
アルコール消毒液として新型コロナ対策はできると思います!

ただし、
70%よりも低い濃度では新型コロナ対策には不十分と言えます。

 

もし、
83%よりも濃度が濃いお酒しか手に入らなかった場合は場合はどうすれば良いの?

現役薬剤師 ケイ
現役薬剤師 ケイ
水で薄めて、70%~83%の濃度にしましょう!

 

80%のアルコール消毒液を作る計算式は?

高濃度アルコール【お酒】100㎖ が手元にある場合、

加える水の量 ㎖=( ▢-●)×100÷●

▢:お酒の度数 ●:作りたいアルコール消毒液の濃度

実際に数値を当てはめた結果を表にしました!

お酒の度数作りたい消毒液の度数加える水の量 ㎖
998023.75
988022.5
978021.25
968020
958018.75
948017.5
938016.25
928015
918013.75
908012.5
898011.25
888010
87808.75
86807.5
85806.25
84805
83803.75
82802.5
81801.25
80800

スポンサードリンク

70%のアルコール消毒液を作る計算式は?

高濃度アルコール【お酒】100㎖ が手元にある場合、

加える水の量=( ▢-●)×100÷●

▢:お酒の度数 ●:作りたいアルコール消毒液の濃度

実際に数値を当てはめた結果を表にしました!

お酒の度数作りたい消毒液の度数加える水の量 ㎖
997041.4
987040.0
977038.6
967037.1
957035.7
947034.3
937032.9
927031.4
917030.0
907028.6
897027.1
887025.7
877024.3
867022.9
857021.4
847020.0
837018.6
827017.1
817015.7
807014.3
797012.9
787011.4
777010.0
76708.6
75707.1
74705.7
73704.3
72702.9
71701.4

スポンサードリンク

水は水道水で良い?

水道水は塩素や様々な不純物が入っているので、可能であれば精製水が良いです!

精製水であれば純度100%の水なので、
たとえ、コンタクトレンズ用でも工業用でも問題ありません!

 

まとめ

高濃度アルコール【お酒】からアルコール消毒液で効果あるのか、
アルコール消毒液の適切な濃度はどれぐらいなのか、
80%と70%のアルコール消毒液を作る計算式をお伝えしました!

厚生労働省からの指示があったように、

  • 医療機関等においてやむを得ない場合に限り、高濃度エタノール製品を手指消毒用エタノールの代替品として用いることが許されています。
  • 医療機関等において高濃度エタノール製品を手指消毒に用いる際は、使用者の責任において使用する。
  • 引火しやすいため火気の近くで使用しない。

このことには特に注意して下さい!