コロナウイルス

オルベスコ【シクレソニド】は市販されている?購入するには?

こんにちは!現役薬剤師のケイです!!

オルベスコ(シクレソニド)が凄いことになっていますね!

 

3月2日に
COVID-19 肺炎初期~中期にシクレソニド吸入を使用し改善した 3 例
という論文が発表されてから
ニュースではオルベスコ(シクレソニド)のことが連日報道されていますね!

 

コロナウイルスから自分自身、家族、その他大切な人を守るため、
ぜひとも手に入れておきたいですよね!

 

では、このオルベスコ(シクレソニド)を手に入れるにはどうすれば良いのかお伝えします!

 

オルベスコ【シクレソニド】は市販されている?

 

シクレソニド吸入剤は、気管支喘息を適応症として2004年2月にオーストラリアで承認されたのをはじめ、2010年9月現在、世界59ヵ国で承認されている。
本邦においては、帝人株式会社(現 帝人ファーマ株式会社)により開発が行われ、1999年より第Ⅰ相臨床試験が実施された。以後、第Ⅱ/Ⅲ相臨床試験(プラセボ対照二重盲検用量反応試験)および第Ⅲ相臨床試験(クロロフルオロカーボン(CFC)を噴射剤に使用したベクロメタゾンプロピオン酸エステル[BDP-CFC]対照比較試験、長期投与試験)を経て、2007年4月、成人の気管支喘息を適応症として承認された。

引用 医薬品インタビューフォーム

オルベスコ(シクレソニド)は日本では2007年から発売されています。

2020年の現在、ざっと計算して13年が経過しております。

この13年間、オルベスコ(シクレソニド)は処方箋医薬品としてのみ販売されています。

 

残念ながら、ドラッグストアなどでは販売されておりません。

将来的に市販される可能性はありますが、現在のところ、市販はされていません。

現役薬剤師 ケイ
現役薬剤師 ケイ
病院に受診して、
医師に処方してもらう必要があります!

 

スポンサードリンク
 

オルベスコ(シクレソニド)を医師に処方してもらうには?

 

【効能・効果】
気管支喘息
【用法・用量】
成人
通常、成人にはシクレソニドとして100~400 μgを1日1回吸入投与する。なお、症状により適宜増減するが、1日の最大投与量は800 μgとする。
また、1日に800 μgを投与する場合は、朝、夜の1日2回に分けて投与する。
小児
通常、小児にはシクレソニドとして100~200 μ gを1日1回吸入投与する。なお、良好に症状がコントロールされている場合は50μg1日1回まで減量できる。

引用 添付文書

 

オルベスコ(シクレソニド)の添付文書の内容です。

現役薬剤師 ケイ
現役薬剤師 ケイ
添付文書とは、薬の説明書のことです!

 

添付文書の効能効果の欄に気管支喘息と書かれています。

そのため、気管支喘息と医師から診断される必要があります。

 

医師に気管支喘息と診断され、
オルベスコを処方箋に書いてもらい、
オルベスコと書かれた処方箋を保険薬局に持っていく
と薬剤師からオルベスコを受け取ることができます!

 

あとは、今回の論文のような特例で、医師の責任で処方してもらうかです。

 

スポンサードリンク
 

まとめ

 

オルベスコ(シクレソニド)はまだ市販されておらず、
医師の処方箋がないと購入できないことをお伝えしました。

 

今後の研究で、
オルベスコ(シクレソニド)がコロナウイルスに確実に効くと判断されれば、

インフルエンザの治療薬のように
オルベスコ(シクレソニド)も処方されるようになると思います!

 

オルベスコにおいては自身で解決しようとはせずに、
コロナウイルスに感染疑いがあった場合には、
病院に受診して医師に診てもらってください!!