コロナウイルス

アビガン【ファビピラビル】を購入するには?市販されている?

こんにちは、現役薬剤師ケイです!

新型コロナウイルスの被害はアジアだけでなく、世界中に広がってしまいましたね。

コロナウイルスの被害が最小限になるよう願う日々です。

新型コロナウイルス治療薬が見つかれば、
皆さんの不安がなくなり、
世界の平和が戻るのではないかと感じています。

世界各国で新型コロナウイルス治療薬開発・治験が積極的に行なわれていますね。

その一つである、アビガン(ファビピラビル)について調べました!

アビガン【ファビピラビル】がなぜ注目されているのか?

新型コロナウイルスの治療に使えるのではないかと期待されている薬の1つ、「アビガン」は、中国で治療効果がみられたとされ、日本国内でも患者に投与する臨床研究が始まっています。
臨床研究では、ウイルスに感染し、軽症や無症状のおよそ80人を対象に、薬の投与によってウイルスの量が減るかどうか比較することにしていて、藤田医科大学病院では研究に参加する全国の医療機関とテレビ会議を行って、患者への投与の計画や、薬や採取キットの準備状況などを確認していました。
藤田医科大学病院の土井洋平教授は、「新型コロナウイルスに対する有効な治療法を確立することが最優先の課題になっている。アビガンが有望な薬であるのかどうかを研究ではっきり示したい」と話しています。

引用 NHKニュース https://www3.nhk.or.jp/

スポンサードリンク

中国政府は、日本の製薬会社が開発したインフルエンザ治療薬「アビガン」について、新型コロナウイルスの治療への有効性を確認したと明らかにしました。今後、治療薬として採用するよう提言していくとしています。
中国の科学技術省によりますと、「アビガン」についての臨床研究を行った結果、新型コロナウイルスへの有効性が確認され、副作用もみられなかったということです。
深センの病院で行われた臨床研究では、「アビガン」を投与しなかった場合、ウイルス検査で陽性から陰性になる日数の中央値が11日だったのに対し、投与した場合は4日だったとしています。
また、胸部のエックス線画像の解析では、症状が改善した人の割合は、投与しなかった場合は62%、投与した場合は91%だったということで、今後、「アビガン」を治療薬として採用するよう提言していくということです。
「アビガン」は、日本の製薬会社が開発した「RNAウイルス」の増殖を抑える効果が期待されている治療薬で、日本では先月から新型コロナウイルスの患者への投与が始まっています。

引用 TBSニュース http://news.tbs.co.jp

このように日本の各大手メディアがアビガン(ファビピラビル)を話題に取り上げています。

 

中国の医師が
アビガンを使ってみたら他の薬よりも効果的だった!
と発表したのです!

 

有効性のデータはこのブログでも取り上げております。
【吉報】新型コロナの治験でアビガンの効果が認められた!?ファビピラビルとカレトラの比較試験!新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)に関する治験結果が新しく出ました!日本の製薬会社が作り出した期待の新薬アビガン(ファビピラビル)の安全性と有効性に関する臨床研究データです。現役薬剤師がその内容を詳しく解説します!...
数少ない新型コロナウイルスの治療薬の中でも、
このアビガン日本製ということも一つの注目されている所です!

富士フィルムの子会社が開発した薬です!

新型コロナウイルスの治療薬にファビピラビル(アビガン)が効果的?富士フィルム富山化学が開発?どんな薬?新型コロナウイルスの治療にファビピラビル(アビガン)が効果的だと報道されました。どのような薬なのか解説します。...

アビガン【ファビピラビル】を購入するには?

 

アビガン(ファビピラビル)の取り扱いは処方箋医薬品となっています!

日本では医師の診断・処方箋がないと手に入らないようになっています。

そのため、個人の判断で
アビガン(ファビピラビル)を
薬局やドラッグストアで買うことができません!

スポンサードリンク

アビガン【ファビピラビル】を処方してもらうには?

アビガンⓇ 錠200mg(一般名:ファビピラビル)は、富山化学工業株式会社(現:富士フイルム富山化学株式会社)により研究・創製された低分子の経口抗インフルエンザウイルス薬である。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスにより引き起こされる流行性の急性呼吸器疾患である。ウイルスの抗原性が毎年少しずつ変化することに加え、時に大きな変異を起こして世界的な大流行(パンデミック)を引き起こすことが知られている。
そのため、新型インフルエンザウイルスによるパンデミックの発生や既存薬に耐性を示すインフルエンザウイルスの出現が懸念され、新規作用機序を有する新たな抗インフルエンザウイルス薬の開発が望まれていた。

2014年3月に、「新型又は再興型インフルエンザウイルス感染症(ただし、他の抗インフルエンザウイルス薬が無効又は効果不十分なものに限る。)」の効能・効果で、商品名「アビガンⓇ錠200mg」として製造販売承認を取得した。

引用 インタビューフォーム

アビガン(ファビピラビル)はこの文章にもあるように
インフルエンザの最終手段として発売を認められています。

 

そのため、医師から‟インフルエンザ”と診断される必要があります。

 

しかしながら、
以下のことも追記しておりました。

アビガンは、新型又は再興型インフルエンザウイルス感染症が発生し、本剤を当該インフルエンザウイルスへの対策に使用すると国が判断した場合にのみ、患者への投与が検討される医薬品であり、厚生労働大臣からの要請を受けて製造販売を行う。

引用 インタビューフォーム

 

つまり、
アビガン(ファビピラビル)
国が許可しないと医師が使いたいと思っても使えない薬なのです!

スポンサードリンク

アビガン【ファビピラビル】を通販で買えるのか?

今のところ、海外の輸入品はどのサイトでも取り扱っていないようです。

しかし、今後取り扱うサイトが出てくるかもしれません。

もし今後、
個人輸入でアビガン(ファビピラビル)を買えるようになったとしても買わないでください!

 

副作用が重大なので絶対に買わないでください!

 

この記事に理由が書いてあります。

【吉報】新型コロナの治験でアビガンの効果が認められた!?ファビピラビルとカレトラの比較試験!新型コロナウイルス肺炎(COVID-19)に関する治験結果が新しく出ました!日本の製薬会社が作り出した期待の新薬アビガン(ファビピラビル)の安全性と有効性に関する臨床研究データです。現役薬剤師がその内容を詳しく解説します!...

まとめ

新型コロナウイルスの治療薬の中でも、
特に注目を浴びているアビガンの取り扱いについてまとめました。

危険な薬ですので自身の判断で飲まず、医師に相談してから飲むようにしてください!

 

世界の混乱が早く収まることを願っております。